Loading...
要チェックにゃ

BLOG・COLUMN

かいにゃんと仲間たち

一から理解する「ブランディング」と「マーケティング」の違い

一から理解する「ブランディング」と「マーケティング」の違い

「ブランディング(Branding)」と「マーケティング(Marketing)」。
それぞれどんな意味を持つかご存知ですか?
なんとなくイメージはできても、”この二つの違いは?”となると、少し難しいですよね。

どちらも得意分野とするかいな。
そんなかいなで働く私が、「ブランディング」と「マーケティング」の違いについて、それぞれに欠かせない用語も含め、実例を交えてご紹介していきます!
また、ブランディングが持つ本来の意味はどういったものなのかを探っていきましょう。

ブランディングって?マーケティングって?

ブランディングとは何か、マーケティングとは何か。二つの言葉のニュアンスの違いを、簡単に表してみましょう。

ブランディング(Branding)とは

企業、または商品・サービスの「ブランドイメージ」をお客様に持ってもらうこと。

マーケティング(Marketing)とは

企業が自社の商品・サービスのアピールポイントをお客様に伝えていき、売れる仕組みを作ること。

ブランディングとマーケティングの違い

そのものの価値を定義し、高めることが「ブランディング」であり、
それを多くの人に伝えていくプロセスが「マーケティング」です。

ランドセルの実例で見る「ブランディング」

ブランディングについて、ランドセルを例に挙げて見ていきましょう。

かいなが4回(4年)のリニューアルをお手伝いさせていただいている、萬勇鞄さま。
丁寧で心のこもった商品を作っているランドセルメーカーです。

ランドセルといえば昔は、色も赤か黒の似た商品が多かったのではないでしょうか。
“ブランドでランドセルを選ぶ”という選び方は、近年になって増えてきました。

そんな中、萬勇鞄さまのいちばんの特徴は、手縫いで仕上げること。
当初、その特徴を伝えるブランディングで、ママさんたちのあいだでは「萬勇鞄?あの手縫いのランドセルメーカーでしょ!」と覚えてもらえました。

これが、先述した“「ブランドイメージ」をお客様に持ってもらうこと”です。

2018年度ランドセルの販売にあたっては、「工房系ランドセル」としてのブランディングも行っています。
今までの手縫いのイメージに、さらに工房らしさという付加価値をプラス。
「職人が工房で作る、手縫いのランドセル」というブランドイメージを作り上げました。

マーケティングにはブランディングが重要

「マーケティング」という言葉が指すのは、市場調査や広告宣伝活動のことだけではありません。
お客様の求める商品の企画・開発から、売れるための仕組み作り全体のことを指します。

“アピールポイントをお客様に伝えていく”手法には、様々なものがあります。
テレビCM、ポスター、紙面広告、Webサイト、ネット広告、SNS…
最近はWebマーケティングの重要性が高まっていますね。

ですが、「うちの商品は良い商品ですよ」と伝えるマーケティングをするにも、まずは伝えたいブランドイメージがしっかり固まっていなければなりません。
そのために、ブランディングが重要となってくるのです。

Webマーケティングとは

インターネットを通して行うマーケティングです。
Webマーケティングにおける施策の種類も増えてきています。
SEO対策もそのひとつです。SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略。
Googleなどの検索結果の上位に表示させたり、より露出が増えるように行う施策のことです。
こちらについては今後詳しく説明していきますね。

選ばれるブランド力を育てる

例えば、コンビニでアイスを買うとき。
アイスなら、私はバニラアイスが好きです!バニラアイスって、色んなメーカーのものがありますよね。

「バニラアイスが食べたい」
と思って、どのバニラアイスにするかを迷って選ぶというケースに対して、
「○○のバニラアイスが食べたい」
と、既に食べたいバニラアイスのメーカーが決まっているほうが、そのメーカーにとっては当然有利です。

ランドセルにも同じことが言えますね。
数あるランドセルメーカーの中でも、「萬勇鞄のランドセルが欲しい」と思ってもらえたら、とても嬉しいことです。

ブランディングは、他社との差別化を図るだけではなく、その商品だけのブランド力を生み出すこと。
そんなブランド力を育てていくのが、私たちかいなの役割です。

価格に左右されない価値

ブランド価値があれば、他社より高い価格でも欲しいと思ってもらえます。
それにより、利益が向上することもあるのです。

「Appleの新商品だから欲しい」「ヴィトンのバッグだから欲しい」と、価格に関係なく、そのブランド力で「欲しい」と思わせるものは沢山ありますよね。
例え他社が似た商品を出したとしても、「このブランドだから欲しい」と思える。
そこまでのブランドになるのは大変なことですが、これが”ブランディングの成功”と言えます。

価格によって価値が左右されなければ、他社との価格競争にも巻き込まれず、独自のポジションを築くことができます。

便秘薬の実例で見る「ベネフィット」

ブランディングやマーケティングの話になるとよく登場する用語に、「ベネフィット(benefit)」があります。

ベネフィット(benefit)とは

ベネフィットとは、商品を買うことで得られる利益・恩恵のこと。
もう少し噛み砕いて言えば、”それを使うことでその人の生活に起こる良いことと”と言えます。

ブランディング・マーケティングに重要な「ベネフィット」

先述の説明ではまだピンとこないかもしれませんね。
では、ここでも具体的な例えを交え、ご説明していきましょう。

かいながブランディングのための制作一式をお手伝いさせていただいている、昭和製薬さまの「昭和 便秘のおくすり」。
100%天然成分。腹痛に悩む人の想いに応えたい、そんな想いからできた便秘薬です。
ベネフィットとは何か、こちらを例に考えていただくと分かりやすいのではないでしょうか。

お客様が購入するのは、もちろん「便秘薬」です。
ですが、お客様が求めているのは「便秘薬」ではなく「便秘が治ること」です。
便秘が治るという”良いこと”が起こってほしいから、便秘薬を購入したわけです。

さらに言えば、”便秘薬で腹痛を起こしてしまう”といった悩みを解決する「便秘に効きつつ、腹痛にもなりにくい」といった良いことがベネフィットと言えます。

商品の価格に対してベネフィットのほうが大きければ、それはお客様にとって「価値のある商品」です。
売り出す側がベネフィットを理解し伝えていくことが、売れることに繋がります。

“天然成分だけでできている・量が調節できる”といった商品の良いところを伝えるだけでなく、”だから、腹痛にもなりにくい”という「お客様にとってどんな良いことがあるのか」を知ってもらうことが大切です。

違いを理解すれば、見方が変わる

お客様にブランドイメージを持ってもらう「ブランディング」と、お客様にいかにアピールポイントを伝えていくかという「マーケティング」。
似ているようで違った意味合いを持っていることが伝わったでしょうか。
これを理解していることで、商品・サービスの売り出し方に対して、少し見方が変わってくるのではないでしょうか。

ブランディングやマーケティングについては、今後もこのコラムでご紹介していきます。次回をお楽しみに。

PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • Web・ ECサイトの制作
  • Webメディアの制作
  • 映像の企画/制作
  • 企業/サービス/商品ブランディング
  • 印刷物の企画/デザイン/印刷

コンテンツマーケティング/ホームページ作成/ブランディング © 2017 Caina LLC. All rights reserved.