要チェックにゃ

BLOG・COLUMN

ECサイトの運営・運用

ECサイトを運営・運用する費用について

ECサイトの構築に関する費用についての情報はインターネット上に溢れています。実際には、デザインや要件定義などによって、初期の構築に関わる費用には大きな幅があります。ただし、構築しないと始めることはできませんが、ECサイトにとって重要なのは運営を継続させることです。会社で大きな予算を組んでさまざまな機能を組み込んだとしても、運営をおろそかにすれば売上げは伸びず、結果には繋がりません。

ここではECサイトの運営・運用の視点からみる費用について解説していきます。

ECサイト構築の次は運営

ECサイトの構築に関わる費用は、作りたいイメージによって大きな開きが出てきます。選択する手法も比較的ASPであれば安価で抑えられますし、デザインの自由度を求め、カスタマイズもしやすいとオープンソースやパッケージ、フルスクラッチなどで大掛かりに組めば開発に関わる費用は膨らんでいきます。制作を自社でやるのか外部に依頼して外注するのかなどでも変わります。その結果、構築に関わる費用の幅は無料から数千万円レベルまでと大きくあります。そして、どの方法であってもメリットとデメリットはあります。

外部への依頼も「ここまでならこれくらい」といった相場感になるので、ある程度の規模でECサイトを作りたいと考えているのであれば、実際に数社に見積もりを取ってみるほうが現実的です。そのうえで、金額だけでなく、どういった視点で開発に取組んでくれるのかなどを考慮して依頼するべきです。そ

構築についてはASPなどの記事でも書いています。ぜひ参考にお読みください。

【参考】ECサイトのASP〜いろいろあるけど、企業向けならどう選ぶ?

【参考】ECサイトの作り方は運営も意識しよう

構築は見えやすく運営は見え難い

構築の予算はこうして考えるとある意味で見えやすく、組みやすいといえます。しかし、構築だけで終わってはいけません。構築が終わると、運営を継続し、管理していかなければいけません。最初から販売したいものに商品力があれば、作ってしまえば売上げはどんどんあがるかもしれません。しかし、現在はネットショップは当たり前になってきており、次々とライバルが登場してきます。しっかりと管理することがECサイトに関わる事業成功にはかかせません。

構築はある意味、派手です。決定した意思を反映させていく作業なので、達成感もあり、ある意味ではゴールも決められています。実際には、ECサイトは構築を続けて発展していきますが、デザインの要素など、初期の作り上げた感覚は別格でしょう。それに比べて運営は地味な作業も多く、ある意味ではユーザーとのすりあわせを求められる部分もあったりとすべてが思い通りではありません。集客のためのコンテンツを少しずつ作ったりと積み重ねていく作業もあります。こうしたゴールは日々更新されていくので、止めることはできず、ゴールもない作業です。また作業の中にはすぐには結果につながらないものも多くあります。

ECサイトは様々な要因で大きくリニューアルを求められることもあります。そうした時に、いかにリニューアル時によりよいサイトになるかも日々の運営による積み重ねが担っています。

そうした運営・運用にも費用が発生します。これは、なにもASPやサーバーレンタルなどの費用だけではありません。

運営の費用に組み込むもの

ECサイトに関わる運営・運用の費用として関わるものはざっと挙げていくと以下のような項目の一覧になります。これはかなりざっくりとした分類です。

  • ASPやクラウドEC、サーバーなど、インターネットに関わる月額費用
  • 更新など技術的な管理に関わる費用
  • 問合せ対応などサービスに関わる費用
  • 配送など販売に関わる実務的な費用
  • 事務所や作業場、機材などの固定費

主にこうしたものがランニングコストとして発生してきます。取り扱う商材によっても費用のバランスは変わってきますが、ざっくりとイメージしておくとよいでしょう。また、削れないものもありますが、それぞれの企業の実状や、すでにもっている設備などのシステムなども含めて考えて、どこに重心をおくかで加えていく予算感も変わってきます。

インターネットに関わる費用

ECサイトの構築について考えた場合には、この項目に関する費用については理解が早いと思います。まず、どういった形態でECサイトを構築したかで、変わります。ASPで開設したのであれば、発生しなかったり、月額利用料だけで済むケースもあります。この他にドメインを取得している、サーバーの利用料などです。こうした料金はふくれることの少ない費用といえます。

もし売上げに対して手数料が発生するサービスを利用している場合はもちろん手数料は別途で計算しておくとよいでしょう。伸び率を計測していくことで、どのタイミングでリニューアルに着手すべきかといったわかりやすい材料になります。

こうした費用は実際の店舗における家賃のようなものといえるかもしれません。手数料などは、ショッピングモールへの出店をした場合に売上げに対して取り決めしたパーセンテージを家賃として収める契約とにています。物件の費用は広さや立地の良さなどに影響を受けますが、そうした面で比較するとECサイトは全体的に、比較的安価なのかもしれません。

技術的な管理に関わる費用

ECサイトの運営は実際の店舗運営とにているところがありますが、大きな違いがあるとすると、この項目に関する費用かもしれません。

この項目に関わる費用もどのような形式で作ったのかによって大きく変わります。ASPであれば、それほど膨らまないこともありえます。これがパッケージやフルスクラッチで作られたECサイトであれば、その費用は大きくなるでしょう。また更新などの手間だけでなく、専門的な知識も必要になってきます。時間的な問題だけでなく、人的なリソースに対して費用が発生します。セキュリティについての対策も行ない、それについてもアップデートが必要になります。

また、SEO的な施策でのコンテンツ作成やネット連動型広告、宣伝用のSNS運用など、集客に対するアプローチも必要になってきます。伸ばしていくためには必要な費用ともいえます。

もし、この項目を実店舗に置き換えるなら、清掃、模様替えや棚の入れ替え、防犯対策、ポップの変更など、設備管理に関わる業務といえます。快適に利用でき、そのうえでアピールできる最適なECサイトづくりのための費用です。そのため、ECサイトについての専門的な部分も求められます。

サービスに関わる費用

実際に対顧客でのやり取りによって発生する費用です。主に人件費ですが、簡単に削るとファン層を形成しにくくなるかもしれません。大量に販売して利益を生むというビジネスモデルであれば、ここをうまくシステムで補って、工数を減らすことが重要になってきます。

オンラインショップであっても、実際のお客さんが相手なのでサポートなどの業務が必ず発生します。商品や受注形態などによって、ここに関わる費用は変わってきます。ECサイトを集客に利用し、注文窓口へ電話をしてもらうなど、実業務にコンバージョンを求める形態であれば、ECサイトの費用として考慮する必要がないという企業もあるかもしれません。

実務的な費用

発送や梱包などロジスティックに関わる費用です。サービスに関わる費用も同様ですが、どこまでがオンライン上で可能かといったことが影響してきます。例えば情報教材であれば、販売後の実務作業は自動化ができますが、実際の商品を販売している場合はなんらかの手段が必要になります。長期の在庫が可能な商品であれば、倉庫などと連動した支援サービスを利用する方法もあります。

受注が増えてくると梱包などの作業は膨大になってきます。また包材や、作業に関わる人件費も発生します。

店舗で直販している商品をメインに取り扱っている場合は、イメージがつき難い項目かもしれません。しかし、売上げを伸ばすためにはロジスティックの円滑な運営は肝といえます。

固定費

事務所や作業場の家賃などの固定費は、最初は驚くほど少なく済みます。ただし、いくらサイトの規模が大きくなっても自分たちだけでやっていこうとなると驚くほど膨らむ可能性も秘めています。実店舗でいえば、バックヤードといえます。バックヤードの規模は実際の店舗でも軽視されがちですが、売上げをあげるためには重要です。

伸びれば増える運営の費用

売上げが伸びていくことで運営の費用は伸びていきます。管理面で必要なことも増えていきますし、売上げが増えるということは発送数が増えてくるということでもあるので作業も増えていくからです。もちろん、たとえばダウンロードするだけというものを販売しているのであれば、売上げに比例して伸びる費用はあまりありません。しかし、そうした商品であれば、売上げを伸ばすための集客に対して費用が発生してくる可能性があります。

どちらにしても運営に対する費用を無くすことは難しいです。ただし、システム的な部分で工数を減らす工夫などは可能です。こうしたことは内情によっても変わってくるので「こうすれば正解!」というものはありません。もちろん、一定の正解らしきものはあるかもしれませんが、なにかの定型に当てはめて考えるのは危険です。必ず、その時の現状をしっかりと分析して手段を講じることが重要です。

もちろん運営にしっかり取組み売上げが伸びれば、設備投資も可能になります。会社の事業規模自体も大きくすることができるでしょう。サイトをリニューアルしてステップアップしようということでそこにもコストが必要になってきます。「ECサイトの耐用年数は5年」という意見もあり、実際に減価償却は5年とされています。

効率的に運営へ予算を組んで

販売に関わる作業については他部門などと共有することも可能です。ECサイトでの受注がうまく回るように会社内でうまくシステムを組むことで、さまざまな費用については、既存の部門と共有しながら、ブラッシュアップしていくことで、他部門のIT化などを進めるきっかけになるかもしれません。

そのうえでどうしても必要になってくるのは、管理に関わる費用です。たとえば、適当な人材を担当者にあてがってもなかなかこなせない量の業務が待っています。また作業的なものだけでなく、知識的なものも必要です。

例えば、新商品があれば、掲載用の写真撮影から始まり、説明文の入力などのコンテンツをつくりページにしていきます。受注があれば、それにも対応します。これがまず基本的な運営時の日常となりますが、そこに加えて、閲覧者の分析や広告運用なども行ない、アップデートなどにも対応していくとなると、日常業務だけの業務知識だけでは足りない専門的な知識が必要になってきます。

もしそうした人材を育成しようとしても、そもそもそれ専門の人ではない人が教える時点で無理があります。また、専門知識や技術もない状態で進むということで時間も必要になっていきます。こうした業務は実務中心の企業ですと、いつもPCの前に座っているだけなのでなかなか理解が進まず、予算や人材をあてがいずらい状況になりやすいのが実状です。

初期に予算を組んでもすぐには結果がでにくいこともECサイトではよくあります。認知が進み、利用者が増えるまでにタイムラグがあるので、オンライン広告などをうまく利用して集客をしないかぎり、誰も閲覧者がこないなんてこともありえます。そうした状況から好転していくためにも日々の運営で工夫を重ねる必要があります。

ECの専門家と

そのために効率のよいやり方は、ECサイトの専門チームを組むことです。このチームは必ずしも、社内のメンバーだけで構成する必要はありません。チームには企業の内情を理解しながら専門性をもって構成することがより継続して運用しその効果を高めるには重要です。そのため、パートナーにはともにサイトの構築を進められる運営並走のできるECサイト運営会社を選択することが重要です。さまざまなことを相談し、いろいろな提案を受けながらECサイト自体を強くしていきます。

どこに問題があるのかはそれぞれの企業により違います。企業の実状を理解して対応するチームを専門の集団と組むことで集客力アップを計り、ブランディングを強化するECサイト作りを目指したほうが、自社内で育成を進めるよりも、短期的にも長期的にも効果的です。また、出費の面でも自社内だけで成し遂げようとするよりも、高い効果を期待でき、場合によってはより経済的な可能性さえあります。

商品に関わる専門性とECに関わる専門性が連動してサイトを運営できれば、そのECサイトのブランド力は高くなっていきます。もし伸び悩んでいるのであれば、リニューアルなどサイトの派手な構築だけに目を向けるのではなく、運営・運用面も一緒に見直してみてはいかがでしょうか。

PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • ブランディング
  • ECサイト構築
  • ECサイト運営/運用
  • ホームページ作成
  • カタログ/映像制作
  • マーケティング