要チェックにゃ

BLOG・COLUMN

ECサイトの運営・運用

ECサイトで人物モデル撮影が必要なサイトは多くない

ECサイトの商品写真などではモデルを起用して撮影する機会は決して多くはありません。それでも扱う商品や企業イメージなどによってはどうしてもモデルを起用したい場面があるかもしれません。ここではECサイトでのモデル起用について解説します。

人物モデルの必要なサイトは主にファッション系

ECサイトの画像は、しっかりと商品を写すことです。写真撮影というと人物モデルが必要と考えてしまう人もいるかもしれませんが、この大前提を考えるとECサイトにおいてはすべてのECサイトにとっての重要項目ではありません。

アパレルや美容、化粧品、アクセサリーなど取り扱う商品の内容やファンションに関連する業種によっては、WEBであっても人物モデルによって使用感を表現したい場面も出てきます。こうした場合は人物モデルを手配し、カメラマンやヘアメイク、スタイリストなどのチームを編成してイメージをより伝えることが重要です。しかし、その他の多くの業態では、専門のモデルの出番はほとんどないかもしれません。

また、テレビに出ているような有名人を起用して全面に押し出したり、有名モデルを重ねることでブランドのイメージを確立したり拡散したりすることもでできないことではありませんが、その場で購入に結びつくECサイトではもっと具体的な商品そのものに対してフォーカスし露出することも重要です。

メインヴィジュアルではなく、ちょっとしたデザイン的起用であれば、フリーの写真素材から選択するという方法もあります。いずれにしても、人物モデルを手配して撮影する必要性は高くはありません。

動画では条件が変わるが専属モデルの出番は薄い

最近はYouTubeなどの動画配信サービスの存在感が大きくなってきました。ECにもその波がきており、ECサイトをSNSと動画配信で囲んで盛上げる戦略も盛んにとられています。

固定された画像では人物が商品から注目を奪うため、人物の写り込み、というよりも顔の写り込みは極力さけられますが、動画では少し状況が違います。ある一定の時間を再生される動画に注目させる上で、動きがあり、話をする人物の存在は小さくありません。しかし、動画ではイメージよりも商品に対するリアリティある紹介や、より専門的な使用方法などが求められることが多くあります。

そうした状況を考えるとやはり専門のモデルを起用するよりは社内でリアリティもって話のできるスタッフを立てるほうがメリットがあるかもしれません。そのほうがより親密度を上げ、ユーザーとの距離を縮める可能性も高くなります。

モデルを依頼するケースではエージェントに依頼する方法も

「この写真にはモデルが入った方がよい」「トップ画像にモデルを使いたい」、あるいは扱う商品を考えるとモデルが着用した方がよいといった場合はモデルエージェントに依頼するのがよいでしょう。政令指定都市であればモデルエージェントが複数見つかるでしょう。モデルエージェントは、モデルになりたい希望者を募集したりスカウトして、人材としてストックしています。このようにしてモデルエージェントに登録されているモデルを増やしていきます。

必ずどういった撮影なのかイメージを伝えることが重要です。男性なのか、女性なのか、撮影したい商品や使用するカット数、どういった媒体に向けたものなのかなど可能な限り具体的な内容を伝えることが重要です。金額については人物の露出度や撮影した素材の利用方法などによります。また、交通費などの諸経費も発生します。撮影日にモデルの在籍数の多い東京へこちらから出向き、現地ではなく都内のスタジオなどで撮影するという選択枝もあります。エージェントは顔が写るといったものだけでなく、腕だけ、脚だけといったパーツモデルも手配してくれます。

エージェントは一社に絞らず複数の候補をあげて見積もりを確認すると金額的な失敗は少なくなるでしょう。

モデルを来店客を起用するというパターンも

実際に店舗を運営しているような場合は、来店されるお客様にお願いしてみるという方法もあります。実際に美容院などでは、よく個人的にお願いしてモデルになってもらうケースも少なくありません。

モデルだけでなくカメラマンやロケーションも重要

モデル撮影をすると決定した場合、モデルさんも重要ですが、カメラマンやどういった構図で撮影するのかといったことも重要です。日程を決めて限られた時間で行うモデル撮影はある意味では一発勝負です。そのため、やはりプロのカメラマンを手配することになります。モデルエージェントでも誰が撮影するのかについては多くの場合確認されます。また、カメラマンを紹介してくれる場合もあります。

また、どこで撮影するのかも写真のイメージを伝えるためには重要です。通常の商品画像と差別化するために多くを出費するわけですから、あまりここで妥協してもよくありません。簡単に絵でもよいのでカメラマン含めてスタッフと事前に共有しておくと失敗は少なくなります。

もう一つ気をつけたいのは、そうして撮影した写真がサイト全体にあっているかということです。ネットショップにとって本当に必要な画像なのか、事前に今一度、撮影イメージと照らし合わせてください。

また、モールで使用する画像に関しては人物の写り込みに対して制限がある場合もあります。Amazonや楽天などそれぞれのモールで条件は違いますので、しっかり確認しておきましょう。

PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • ブランディング
  • ECサイト構築
  • ECサイト運営/運用
  • ホームページ作成
  • カタログ/映像制作
  • マーケティング