Loading...
仲間だにゃ

RECRUIT

採用情報

社長補佐 金森
社長補佐 2014年入社
もっさん

【あだ名】もっさん
【出 身】三重県
【休日の過ごし方】一人暮らしのため、家事したり、
スーパーへ買い物に出かけたり。休みの日は色々。
先日は、仙台支社のスタッフとフクロウカフェへ。

加藤さん本人が私の入社のきっかけ。

私の入社のきっかけは、加藤さん本人。

 元々は、代表の加藤さんと同じ会社で働いていて、そのまま一緒にかいなについて来たという感じです。前の会社でも今でも、加藤さんは私にとっての仕事のモチベーションを高めてくれる存在です。
 昔、会社勤めのイラストレ―ターになるか、フリーのイラストレーターとしてやっていこうか迷っていた時、私の話を根気強く聞いてくれて、私のことを気にかけてくれました。その時点で加藤さんは、私の求めている仕事が、一人で黙々と仕事をすることじゃないと見抜いていたんです。私のことを良い方向にひっぱり上げてくれたっていうのが、自分の中で大きくて…。
 もちろん、悩むこともありますが、それを上回る安心感が加藤さんに対してあります。ちょっと大げさですが、かいなならどんなことが起こっても、満足いく働き方ができるし、長く続けられる会社だなって感じているんです。気にかけてくださった時のご恩を加藤さんに返したいっていう気持ちがあります。つまりは、加藤さん本人が私の入社のきっかけですね。

仕事に行きたくない日が一日もない。

スタッフ一人ひとりが私のモチベーション。

 加藤さんの存在はきっかけ。続けている理由は、最近他にもありますよ。今は、名古屋のスタッフや仙台支社・東京支社のスタッフの存在が大きいですね。最初は加藤さんに恩返ししたいという気持ちでやっていました。でも、かいなに色々な仲間が加わって、その人たちと本気で関わって本気で仕事をしているうちに、私にとって一人ひとりがかけがえのない存在だと思えるようになったんです。特に仙台支社は、私が直接まとめる立場にあったこともあり、一人ひとりと面談して、ひとつひとつの仕事に対して一緒に解決策を考えているうちに、すごく愛着が湧いちゃいました。仕事を通して、彼女たちに幸せになってほしいなって真剣に思います。
 ただお金を稼ぐだけ、ただ生活するためだけに仕事をするのではなく、「お金も稼げて楽しい!」というか「お金も稼げて仕事最高!」みたいな(笑)。「お金が稼げるし、この仕事大好きだから、仕事に行きたくない日が一日もない」というところまで、スタッフ全員の気持ちを昇華させたいんですよね。大それたことなのは分かっていますが、自分が加藤さんのおかげでそうなれたので、次はわたしが誰かにそう思わせてあげる番かなと思っています。「仕事=大変・辛い・しんどい」みたいなイメージをぶち壊していきます!

私の立場は何でもやる立場です(笑)

私の立場は何でもやる立場です(笑)

 社長補佐という肩書きではありますが、実情はちょっと違います。ライティングチームをまとめていたり、メディアのディレクションをしたり、お客様のところへ取材に行ったりと仕事は様々。ライターから上がってきた記事のチェックやブランディングの戦略を考えて、それをライティングチームに共有もします。場合によっては、外注さんとのやりとりがメインになる日もあります。
 つまりは、基本的に私の立場は何でもやる立場です(笑)。

必ずやっているのは朝礼。

朝礼は他支社とも顔を合わせながら。

 1日のスケジュールは日によって全然違いますが、必ずやっているのは仙台支社との朝礼。ライターの多くは仙台支社にいるので、PCのモニターとマイクを繋いで会議をしています。朝礼で必要なことを伝達したら、早速ライティングにとりかかってもらいます。その間に各案件のディレクションや記事のチェック、お客様への連絡などをこちらで進めています。日によっては、私も原稿を書いています。
 あとは、進行管理のためにエクセルもフル活用します。夕方に、ライターからチェック依頼があるので、記事を読んで一人ひとりに電話で修正を伝えたり、ライターからの質問に答えたり。そこまで終わったら、ライティングチームとの面談です。「書けた本数」「達成したい本数」を決めているので、一緒に1日を振り返っています。

一番のやり方で仕事に取り組めるように。

一番のやり方で仕事に取り組めるように。

 ライターとの面談にはとても力を入れて、大切にしています。目標が達成できなかった時はできなかった理由、どうすれば達成できるかを考えているんです。「こういうやり方でやってみよっか」と提案しつつ…。「全員同じやり方で合わせて」なんてカッチリ決めてしまうと、人それぞれの良さを潰してしまいますから、気を付けています。時間がかかっても、一人ひとりの話を聞いて、その人にとって一番のやり方で仕事に取り組めるようにしてあげたいです。
 面談は絶対に毎日しますね。不安や疑問って溜めると良くないので。その時に抱えているモヤモヤはその時に吐き出させてあげたい。モヤモヤが溜まりに溜まったら、自分で解決できないものは溜まっていくだけ。だから、面談では何でも言ってもらうことを大切にしています。例えば、「集中できなかった」「この案件が苦手だ」など、言いにくいことも、かいなでは言ってもらって大丈夫。注意するのではなく、苦手ならどうしようかって話し合いをします。そういう風にライターの気持ちに寄り添った面談を大切にしています。

 あと、自分が大切にしていることは仕事を楽しむこと。辛いことや理不尽なことに対して悩む時もありましたが、それって目先のことにとらわれているだけなんです。そうじゃなく、それすら楽しめるようになることが一番だと思います。社長補佐として社長を手伝い、スタッフをまとめる立場として、そうならなきゃいけないなと思っています。今はそのために修行中です。

仕事をしていて嬉しかったこと。

仕事をしていて嬉しかったこと。

 昔は、自分が褒められたらすごく嬉しかったです(笑)。でも今は、自分よりもスタッフが功績を出した時に嬉しさを感じます。かいなのスタッフがお客様からお礼状を頂いたりすると嬉しいです。会社に起こる全ての良いことが私とっては幸せで嬉しくなります。
 スタッフの仕事を全部私が把握しているわけではないですが、把握できていない仕事も苦悩して頑張ってくれていることはよく伝わります。だから、苦しんでいる隣の人が出した結果は自分が関わっていない仕事でも嬉しいです。

かいなの未来。

かいなの未来。

 ドームハウス型の名古屋本社を自分たちで建てたいです!耐震工事は業者の方に頼みますけど(笑)。壁に断熱材をプシャーと吹き付けたり、板をトンテンカンテンしたり、階段を作ったり、自分たちでしたくて。つまり、どうなりたいかというと会社を大きくしたいだけです!

 ブランディングの存在を知らない人は世の中に多くいます。ブランディングとは何かを分かりやすくまとめた展示場みたいなのを作りたいとも思ってます。名古屋本社がそうなれば最高です。手作りのドームハウスの本社でブランディングについて展示をし、近所の人が気軽に楽しめて、互いに関わりを持てるコンテンツが作れたら素敵。そういう本社にいつかしたいなと思っています。と言っても、思いついたことを話しているだけですけどね(笑)。

 加藤さんは47都道府県に支社を出したいって言っているので、私はそれに乗って、47都道府県の名産を集めた「かいな食堂」っていうのも作りたいです。「かいな食堂」はテーブルの形が日本列島になっていて、好きなところに座れます。めっちゃ広い空間にめっちゃ大きな日本列島のテーブルがあって、日本中の美味しいものを集めた食堂です。それをスタッフの福利厚生にしたい!かいなじゃないとやれないことをやりたいです!

応募を考えくださっているみなさんへ。

応募を考えくださっているみなさんへ。

 かいなに学歴は関係ないですよ。一緒に仕事に取り組んでくれる姿勢や思いを大切にします。

 一括りにすると、私はメディア事業の担当。例えば、検索エンジンで「ブランディング」と検索すると、結果が一瞬で出てきます。あの検索結果というのは、SEO対策をすることにより検索順位をある程度自分たちでコントロールすることができるんです。でも、そのSEO対策の影響で、実は世の中のメディアの信憑性や信頼性が欠けてきているという危機的な状況にあります。SEO対策ばかりにお金と時間を投じて、検索順位を上げることが重要になっている…それではダメなんです。確かに、検索順位が高ければ、知名度が上がって、広告がたくさん打てるようになり、儲けに繋がるかもしれません。でも、かいなが目指しているのはSEO対策だけにとらわれないメディア。
 良いメディアの「良い」は立場によって変わります。検索をするユーザー様からすると自分の欲しい情報が、正しく記載されているメディアになります。でも、メディアを発信するお客様は、SEO対策によって検索が上位に来るメディアになります。一つのメディアを立ち上げるのに、安くて100万円、高い時は5~600万円かかってしまうので、お客様としては検索順位を何としてでも上げたいわけです。
かいなでは、その両方を成し遂げていきます。良いメディアとして100%を目指す姿勢を大切にします。「知りたかった情報が載っていない」「なかなかサイトの閲覧数が上がらない」なんて、誰かに我慢させるメディアは嫌ですから(笑)。

 良いメディアであればあるほど、透明度が高いと私は思います。透明度というのは、知識ある人に監修を得ているかなど、信憑性や信頼性が高いこと。手間と負担がかかるため、取材に力を入れていないメディアが多くなっています。だからこそ、かいなでは取材に力を入れています。きちんと取材をし、手間をかけた正しい情報で透明度の高いメディアを作っていきます。まさに、知りたい人と伝えたい人の架け橋。かいなで一緒にその架け橋を作りませんか。

 かいなの特別なところは、心を込めて仕事ができるところ。目の前のお客様だけでなく、画面の向こうにはたくさんのユーザー様がいるということを実感できるので、心を込めて仕事ができます。相手のことをじっくりと考えて、心を込めて良いものを作ろうとする会社って素敵ですよね。それこそがかいなだと、私は思っています。心と手間をかけて、やりがいを持って働きたいと思っている人はぜひ来てください。

新しい出会いを楽しみにしています!
応募する!
PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • Web・ ECサイトの制作
  • Webメディアの制作
  • 映像の企画/制作
  • 企業/サービス/商品ブランディング
  • 印刷物の企画/デザイン/印刷

© 2017 Caina LLC. All rights reserved.