パスカルを活用!客観的な分析をもとにした精度の高い記事コンテンツ作成

2019.09.09

コンテンツマーケティング(キーワードマーケティング)を行なっていく上で、関連キーワードに対する記事コンテンツを作成していくことになりますが、よくあるご質問が、
「何記事つくればよいの?」
「1記事に何文字あったらいいの?」
といった質問です。

かいなでは、この適切な記事数と適切な文字数、また記事内に書いていく内容について、今までは手作業で上位表示サイトの傾向をみながら、内容と盛り込むキーワードを決めて、という膨大な作業を行なっていました。
ライティングをスタートする前工程がとても重いものになっていたのです。

その調査工程を一気に短縮してくれたのが「パスカル」というSEOのための分析ツールです。こちらのツールによって、上位30位のwebサイトの内容を客観的に分析して、使うべきキーワードやタグ、文字数など事前に準備すべき情報をほんの数分で揃えることができるようになったのです。

これによるメリットは大きく二つあると思っています。
一つ目は、客観的な分析結果によって、上位表示しやすい内容を書きやすくなり、精度が上がったこと。
もう一つは、事前の調査工程が効率的になったことで、ライターが本来の書くべきテーマで、文章の精度を上げることに集中できるようになったこと。
このメリットは、もちろんご発注いただくクライアント様にもメリットにもなることです。

かいなでは、このパスカルを事前に調査ツールとして活用して、成果の最大化を目指して、精度の高い記事コンテンツ作成を心がけています。

●詳しくは…「ヒアリング付き記事作成代行

パスカルのwebサイトにお客様事例として掲載いただきました。「パスカル…これはもう、革命的ですね。」

PAGE TOP
メールで
お問合せ
ZOOMで
無料相談
お役立ち
資料DL

ブランディング会社がつくった
共創ECプラットフォーム

IT導入補助金 2023

無料相談受付中!