要チェックにゃ

BLOG・COLUMN

デジタルトランスフォーメーション(DX)

デジタルマーケティングは戦略的なプラットフォームの導入から始まる

この数年のテクノロジーの進化によって、WEBを中心にしたマーケティングの概念は新たな広がりを見せています。デジタルマーケティングもその一つです。

WEBマーケティングの中で生まれた様々なチャネルでのマーケティングアプローチを取りまとめ、それぞれの情報を一元化してつなぎ合わせて活用することで新しいユーザーエクスペリエンスを提供していきます。ここでは積極的なビジネス戦略としてデジタルマーケティングを導入するメリットと、その基盤となるプラットフォームの選択について解説します。

WEBマーケティングからデジタルマーケティングへ

デジタルマーケティングとは、デジタルツールを使ったマーケティングのことを指します。WEBマーケティングと混同されやすいキーワードですが、意味合いは少し異なります。実際のところ、デジタルマーケティングはWEBマーケティングの概念を内包していた幅広い視点で行います。

WEBマーケティングの手法は、あくまでWEBサイトを中心としたマーケティングです。ECサイト、広告、SNS、コンテンツマーケティング、EメールなどのチャネルをWEBサイトを中心に結び付けてそれぞれのKPIを考え、コンバージョンをあげて利益につなげることを目的にしています。

しかし、実際の消費者の動きを考えると、それぞれのチャネルや現実の店舗での購買行動なども複雑に絡み合って成り立っています。しかし、ユーザーの行動はそのアクセスするチャネルごとで途切れてしまい、追いかけることは困難でした。

しかし、この数年で様々なツールが進化し、さらにそれらを統合できるツールが登場して来たことで、WEB環境内に限らず、マーケット全体を横断してマーケティングに利用できる環境が整ってきました。

その背景には、顧客管理をマーケティングに生かすCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント)やMA(マーケティングオートメーション)の発展などに合わせて、それらの持つデータをつなぎ合わせて包括的にマーケティングに活かせるプラットフォームが提供されるようになってきました。

その結果、理想としては持っていても、WEBマーケティングだけでは実現できなかったことができるようになってきたということもいえます。デジタルマーケティングを導入することでWEBマーケティングよりもより強く顧客との結びつきを持つことができるようになってきました。

異なるチャネルから1人のユーザーと接点を持つことで、よりユーザーの心情を理解し、それに合わせた適切なアプローチをすることができる可能性があるからです。

ユーザーに関するより立体的な情報が手に入れば、今までは一面的だったアプローチに幅を持たせることができます。

また、デジタルマーケティングは、インバウンドやアウトバウンドなど、プッシュ型かプル型かといったマーケティングの手法も包括しています。その真髄は、企業体の持つポイントに対して、それぞれのユーザーがどのように関係性をもち、どのように行動しているかということを捉えられるという点にあります。

いままでECのチャネルには力を入れてこなかったため、WEBマーケティングもしていないという企業にもこれは関係してきます。これは日本では導入が遅れいてると言われるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の中でも話題に登るテーマの一つだからです。「データの一元管理とその有効活用」にも強く関連しています。また、ECには一切手を出してこなかった企業がもしこれを活用しECにも参画できればその効果は計り知れません。

【参考】デジタルトランスフォーメーションはなぜDXなのか~取り組み前に知っておくことを解説

新しいユーザー体験を生み出す必要性

デジタルマーケティングは、ユーザー1人1人とより深く向き合える環境の構築を目指します。

具体例としてはECサイトの割と新しいマーケティング概念としてあるオムニチャネルです。ECサイトもユーザーと接触する一つのツールとして利用し、アクセス可能なチャネルを複合的に利用して優良顧客化を目指します。つまりこの事例はデジタルマーケティングの概念で構築されているといえます。

デジタルマーケティングはユーザーとアクセス可能なツール同士を連携させ、その行動を分析することが活用のポイントです。それぞれの購入顧客に合わせたアプローチを実施してファン化し、優良顧客にしていくことが可能になるというものです。

こうした方向性が重要になっているのは、消費の傾向が「モノの所有」から「コトの体験」へと移行していることにも関係しています。デジタルマーケティングを導入することで、新たなホスピタリティ溢れる環境を顧客に提供することができます。

特にBtoCでは単純な商品ほど、以前より売りにくいという状況が出来上がっています。そのため、こうした多角的なアプローチは大きな付加価値となり、他社との差別化を実現します。

つまり、デジタルマーケティングの導入はサービスレベルを向上させることにも繋がることになります。こうしたツールを導入することが今後のビジネスの発展にも大きく影響してくるのは間違いありません。

結果的に活用が広がるコンテンツマーケティング

デジタルマーケティングでは、コンテンツマーケティングの重要性も上昇してきます。ここでいうコンテンツはいわゆるSEO的に行うオウンドメディアやブログだけに止まりません。

例えばInstagramによるSNSによるイメージコントロール、Eメールによるユーザーのつなぎとめと再訪促進、動画共有ツールによる動画を使った訴求など、それぞれのチャネルでコンテンツを発信していくことで、それぞれの特性を活かして活用していくことが重要です。

チャネルごとでこうしたコンテンツはインバウンドにもアウトバウンドにもなりますが、とにかく発信するコンテンツは求められ続けているわけです。

デジタルマーケティングにおいてもそれぞれのチャネルでの特性の理解や、活用のテクニックももちろん重要です。変化していくとろこはKPIの置き方が変わることと言われています。

情報が一気通貫で管理されるため、それぞれのゴールはより近く、密接になります。単純なセッション数やフォロワー数ではなく、どのように売上に貢献したかということが見える化されることで置かれる力点に変化が出てきます。

一方で、発信されるコンテンツの重要度は高くなっていきます。また、デジタルマーケティングを導入することによりコンテンツの中身にフォーカスできるようになるはずです。どういったコンテンツがユーザーにとって効果的なのかもデータを用いることで見えやすくなるからです。それぞれのツールは結局のところ、コンテンツを介して繋がることになります。

デジタルマーケティングを行うにはプラットフォームが重要

結局のところ、デジタルマーケティングにおいてはそれを実現するためのプラットフォームが重要なのはいうまでもありません。いわゆるデータマネージメントプラットフォーム(DMP)です。

デジタルマーケティングのプラットフォームは選択と環境の構築、またその活用をするための下地作り、つまり導入準備を1セットで考えなければ効果的には活用できません。

デジタルマーケティングではもしフル活用するのであればWEBに関わるだけでも以下のようなマーケティング関連の知識も必要になってきます。

  • EC施策
  • SEO
  • SNS
  • メールマーケティング
  • コンテンツマーケティング
  • 広告運用

などです。これらが連結されるごとに導入効果が大きくなっていきます。これに加えてCRMを活用することでさらに効果的なデジタルマーケティング施策が可能になっていきます。

むしろ、この場面でCRMやMAを十分に活用しないと効果的にはデジタルマーケティングは作用しません。それぞれのマーケティングツールが個別に繋がるのではなく、まずCRMがあり、その上でMAをハブ的に活かすことで、それぞれのチャネルが効率よくシームレスに活用できます。その結果、マーケティングのアプローチの反響を拾い、それぞれの顧客にカスタマイズされたアプローチが実現できます。

それぞれが、それなりに専門領域として深い部分もあります。これらを統括したプラットフォームの構築にはそれぞれの領域にある程度明るいコンサルタントなどの存在が必要になってきます。

弊社では、その回答としてデジタルマーケティング領域ではそのプラットフォームとしてHubSpotの導入を推奨しています。もちろんプラットフォームの選択だけでは完結しません。WEBマーケティングの知識を活かしながらセットアップし、また積極的なデジタルマーケティングを活用できる環境の構築を支援していきます。

DXへのソリューションとしてはもちろん、使えるプラットフォームにし、またクライアントが使いこなせることも重要視しています。

そして、デジタルマーケティングのコアにはブランディングが必要です。これに関するサポートは株式会社かいながブランディング会社だからこそアプローチできる大きな強みです。

New call-to-action

PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • ブランディング
  • ECサイト構築
  • ECサイト運営/運用
  • ホームページ作成
  • カタログ/映像制作
  • マーケティング