要チェックにゃ

BLOG・COLUMN

ECサイトの運営・運用

ECサイトの運営代行で利益の最大化をめざせるネットショップを作ろう

自社内でのECサイトの運営で行き詰まった状況を打開するための大きな手段が運営代行です。適切なノウハウを持つ運営代行会社の力を借りることで人材不足や業務過多などだけではなく、自社内だけでは限界のあるECやウェブ技術への知識不足などのECサイトの運営・運用業務上のボトルネックを解消していくことができます。

ここでは運営代行について、弊社の例を参考にしながら解説します。

ECサイトをプロの力を借りて運営しよう

ECサイトに関わる業務は幅広くあります。自社のサイトだけでなく、モールでも並行して出品し、売上が上がっていくと、それに応じて時間は取られ、それだけ人手が必要になってきます。成果が出ることに合わせて補強が必要になってきますが、程よいタイミングで人材を確保してEC業務に当てることは簡単なことではありません。

ECサイトの運営自体は、サイトの管理、顧客管理、商品在庫管理、受発注の管理と、複数の業務が日常的に存在し、進行していきます。そのうえでWEBマーケティングに関わるような、それ自体が先述した日々の業務とはかけ離れたインターネットに関わる専門的な業務もあります。ユーザーの行動分析やWEBでのテクノロジーの有効活用を戦略的に行ってプラスαの要素を活かしてこそ、ECサイトは受注を増やしていく力を発揮し、インターネット上にあるメリットを活かせるようになります。

もしそうした要素を活かしていかないのであれば、ECサイトは、目立たない通りに存在する入りにくいお店と変わりありません。知っている人しか知らず、近くを通っていて、お店の存在に気がつかないようなお店づくりでは実店舗でも売上は上昇していくことはありません。こうしたことはECサイトでも同じことなのです。

そうした、自社内のリソースでは足りないことを補っていくためにあるのがECの運営代行です。運営代行会社というと、すべてを取って代わって行う任せきりのようなイメージかもしれません。もちろんそういった業務契約が可能な場合もあります。

しかし、発想としては、「目的のために適切な道具を持つ」という感覚に近いといえます。WEB制作をする時には、WEB制作会社に依頼してWEBデザイナーが構築します。これは例えるなら家を立てる時に工務店に依頼して、大工さんが建てるという感覚です。

ECでの運営代行は、家が立ったあとに補修に来てもらったり、エアコンの清掃やホームヘルパーを依頼する感覚に近いかもしれません。実際のお店であればいろんな業務について専門の業者さんに依頼する機会が多いのでこうした感覚は掴みやすいかもしれません。なかには会計士や税理士など専門的なプロの出番もあります。そうした専門家にコンサルタントしてもらうことで業務を円滑にし、販売数を伸ばしていきます。もちろんプランなどにもよりますが、ECでの運営代行は、こうした感覚に近い存在といえます。

そしてECサイトの業務では、どうしてもインターネットの専門的なプロの力を借りないと掴みにくいようなポイントも少なくありません。検索エンジンに高く評価してもらうためのSEOと呼ばれる作業や広告運用などがそれにあたります。

実際に漫然と商品ページを作っていてもセッション数は上がらず悩んでいる担当者さんも少なくないのではないでしょうか。ECではそうした場面ではサイトの作り方に原因があるかもしれませんし、その理由には専門家でなければなかなかきづけないような場面も存在します。

例えばそんな場面ではプロフェッショナルの目があれば、自社のECサイト、モールも含めたEC全般の事業が次のステップに進める可能性があります。

運営代行会社選びは慎重に

運営代行を利用するメリットは少なくありません。

  • 業務負荷の低減
  • 専門的な知識の利用
  • 人件費の削減

などが一般的に言われています。人件費などは費用対効果も考えてみる必要もあるので、まとめサイトなどで書かれているような内容を簡単に鵜呑みにはできません。しかし、できないことを無理にやるよりもできる人がやったほうが効率がいいのは当然のことといえます。すべてを自動化できないので、業務に対して真摯に取組んでくれるかといったことも重要なファクターにもなりますし、依頼したい業務の向き不向きなども業者ごとに変わってきます。

運営代行会社の選び方についての記事はこちらにも掲載していますので合わせてお読み下さい。

【参考】ECサイトを代行で運営〜それぞれの事情にあった会社選び

ブランディングを実現させて集客だけでなく利益率もアップ

実際に運営代行会社がどういったことを行うのか、弊社を例にしてみていきましょう。

株式会社かいなの「EC支援部」ではECサイトの主に以下のような業務を代行します。

  • 更新・修正作業
  • キャンペーン立案・更新
  • 各種コーディング作業
  • 各種デザイン作業
  • アクセス解析
  • 静止画・動画撮影
  • ライティング
  • SNS運用
  • お客様への取材
  • ノウハウの共有
  • テレワーク支援

などです。その他にも必要と考えることがあれば業務としておこないます。それぞれのクライアントによって、サポートが必要な部分は違ってきますので、こうした業務を分析して最適な内容を相談し合いながら「オーダーメイド」で請け負います。もちろん基本的な価格設定はございますので安心してください。

参考までに料金設定については以下のページを確認してください。こちらに基本的な料金の体系が掲載されています。

【参考】ECサイトの運営・運用 EC支援部

こうした運営代行会社への報酬についてはそれぞれの企業で料金のシステムは違います。売上に合わせて歩合で分率を設定しているようなパターンもあります。また当然のことながら、実施するサービスによっても価格は変化していきます。

費用については、実際のところ「一律に設定されているような運営代行会社にお任せしたい」と考える場合も当然あると思います。配送などの作業を請け負う物流につよい宅配大手の企業なども運営代行を行っており、弱い部門を明確にわかっているのであれば、そうした強みの持っている企業へ依頼するというのが上策です。

実際には細かくコンサルティングを行って現状を確認し、業務を契約する必要があります。悩みだけでなく、戦略的なヴィジョンや倉庫や作業環境などの現状も含めて総合的に分析していくことが時には必要です。その上で結果を出すために初期には考えていなかったことについて何らかの提案をさせて頂くこともございます。

弊社の強みとしては「ブランディング」をECサイトを通して行うお手伝いができるということです。そのため、基本的には、運営を単純に委託させて頂くという考え方から、一歩進んで「運営を並走して行う」ということが重要と考えています。なぜなら、それぞれの企業によって特徴や魅力が異なる中で、同じパッケージの中で行うことは真の成果にたどり着かない可能性があります。

「ブランディング」は魅力や個性をいろんなユーザーに広げていくことでユーザーを単純な消費者の位置から、ファンになってもらうマーケティングの考え方のことです。マーケティングは基本的にどれだけの見込み客がいて、それをどうやって取って行けるかを考えるのが基本になっていますが、ブランディングではファン層の増加を目指して既存の市場に左右されない市場を独自に作っていくという考え方です。

ECサイトでの売上をあげつつ、ブランディングを進めていくために

  • 「Plan-Do-Check-Action」のサイクルによる業務進行
  • クイックな対応
  • デジタル人材の育成への協力

を念頭に置きながら進めていきます。PDCAサイクルを回しながらの業務進行によって、定期的に業務の状況を確認して「売上をのばす」という基本的な部分を守っていきます。また、チャットなどを使ってリアルタイムにコミュニケーションできる環境を整備して業務にあたり、意思疎通をしっかりと計ることで、さまざまなブレに対応していきます。

ECサイトの運営自体は、プロフェッショナルによる作業であっても中長期的な目標を設定してすすめていくことが重要です。例えば短期的に広告運用などで加速度的な売上アップを目指す方法もありますが、広告という特急から降りると途端にスピードが落ちてしまいます。そのため、中長期的に目標達成を目指しながら進行させていくことが、売上を安定した成長のためには重要です。

意思疎通を円滑に行うことは、ヴィジョンの共有という面で重要です。ブランディングにも関わってきます。また、迅速なコミュニケーションは運営にスピード感を生みます。

クライアントとは社内ー社外という関係になるので、どういった業種の方でも一番気を使うところではないでしょうか。そのうえで実際に成果を出すという場合はお互いに壁を取り払ってコミュニケーションできる環境が構築できた時です。お互いの利を一致させて、いかに創造できるかが目的達成のためにはとても重要です。弊社は社内でのリモートワークも活発に行っているので、そうした業務のノウハウが豊富にあるというのも強みです。テクノロジーを利用して、大掛かりな設備投資をせずとも推進できるアドヴァイスも可能です。

その上で情報共有を行っていくことで、ECサイトの運営代行を依頼する場合にデメリットと言われる、「内部での人材育成ができない」という問題もクリアできます。ノウハウを共有していくことでクライアント側のEC知識も強化されてデジタル人材の育成につながっていきます。

情報の蓄積は専門企業の重要なこととされてきましたが、インターネットの登場移行、知識の偏った蓄積の価値は低下しつつあります。そうした中で、情報共有を渋っていても、どこか別のルートで情報を仕入れることができるので意味がありません。

またECでは状況がどんどん変わっていきます。そこではできる限り情報を共有してお互いにステップアップしていくことが目標達成には重要なことなのではないでしょうか。住み分けをしながら双方がレベルアップしていくことで、いろんな局面にも対応できるようになります。

チームアップこそ、強いECサイトを目指すのに必要なこと

さて、ここで立ち返らなければいけないのはECサイトをなぜ運営代行会社に依頼するのかということです。その回答はECサイト自体を現状よりも強くしていためではないでしょうか。

集客力を高めて、売上を上昇させるということは強いECサイトになっていく、ブランディングの出来上がったサイトに向けて対策していくということです。ここで必要な手法としてあるのがコンテンツマーケティングという方法です。コンテンツを流入して購入に繋がりそうなユーザーに向けて作り集客していくという方法です。こうしたコンテンツを通してユーザーはそのサイトのファンになり、サイトを通してその企業や商品に愛着を持つようになります。

この方法は簡単に一日ではなし得ません。例えば記事についても、テーマがあり、その回答を得られたり、感動を与えたりと、それを見た人の心に残るものを作っていかなければいけません。今はいろんな情報が結果的に溢れていますが、安易なコピー&ペーストやまとめサイトでは本当のことを知ることはできません。また、今は信頼性や真摯さも重要な時代になってきました。

そうした中で運営代行会社に単純に依頼しても、手間が減るという目的しか果たせない可能性が高いでしょう。それでは十分に活用できているとはいえません。インターネット上の情報に限らず、今、求められているのは信頼です。企業間の仕事も同じようなことがいえるでしょう。

もはや「運営代行」だけでは十分ではなく、パートナーとして「運営並走」できるチームをつくることができるかがECの成功に大きく関係しています。

こうした話にもしピンときたなら、弊社に気軽に相談してください。またブランディングを考慮したECサイト構築についての記事も以下にございますのでご参考ください。

【参考】集客カテゴリ量産型ECサイト

PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • ブランディング
  • ECサイト構築
  • ECサイト運営/運用
  • ホームページ作成
  • カタログ/映像制作
  • マーケティング