要チェックにゃ

BLOG・COLUMN

集客カテゴリ量産型ECサイト構築

ECサイトのカートASPを比較~企業向けならどう選ぶ?オススメを紹介

自社でのECサイトを始めるなら、まずはASPを利用するのが簡単に始められる方法です。第一歩の選択肢としては手軽でハードルの低い手段であることは間違いありません。

また、カートASPを利用することのメリットについての理解はかなり進んできました。その一方で2021年現在、ASPの事業者も増えており、「どこを選べばいいのかなかなか決めるのは難しい」という声も多く聞きます。一度特定のASPでネットショップを始めてしまうと途中から変更することは簡単ではありません。そのため新規でECサイトを開設しようという場合も事前の調査はかかせません。

このページでは、構築方法の選定に向けて、ASPとは何か、そして代表的な企業向けASPの特徴や選択時のポイントなどの基本をまとめました。また企業向けのASPのおすすめをピックアップし解説していきます。

そもそもASPって何?

ASPはECに限らず、いろんな場面で使われる言葉です。そのため、ECサイトについてASPという場合は、正確に理解してもらうためには「カートASP」や「ASPカート」などという言い方をします。

そもそもASPとはアプリケーション・サービス・プロバイダー(Application Service Provider)の略称です。これはインターネット上にプログラムを置いて、それを利用者がアクセスして使用するサービスを提供する事業者のことを指しています。ECサイトでのASPの場合は、オンラインショップに必要な環境やツール、つまりECサイト向けのプラットフォームをWEB上で顧客に提供する事業者のことです。

どのASPを選択したとしても、オンラインショップに関わる基本的に必要なこと、例えば商品のページを作ったり、ショッピングカートを設置し受注したりすることは可能です。どのASPであっても会員になるだけでプログラムをインストールする必要はなく、すでにサーバーに入っているデータにアクセスして、希望するサイトの体裁を組み上げていきます。

それぞれのASPごとに基本的なフォームがあります。そのためデザインについては多くの場合、テンプレートが用意されており、その中から選択しできる範囲でカスタマイズしていきます。中にはHTMLやCSSを使ってテンプレートのデザインを編集できるようにしているASPも少なくありません。

【参考】ECサイトをテンプレートで手軽につくるメリットとデメリット

また付加的に使用する機能、サイトを管理する管理画面のインターフェースなどはそれぞれのASPによって違いがあります。この部分についてASP側で設定されている仕様を改編することは困難です。そのため、自社のECサイトを作る場合は、最初の段階である程度、ASPごとの特徴を把握して自分たちの業務のイメージを実現できるASPを選択する必要があります。

それでも多くのサイトはfacebookなどのSNSと連携できたり、苦戦すると言われているSEOに対応するオプションなどを装備しています。メルマガや複数の管理者をたててアカウントを付与するASPもあり、概ね、要望する機能自体は備わっているといえます。

費用としては月額で料金が発生します。こうした点からオープンソースでのサイト構築を目指す事業者もいます。しかし、状況によってはメンテナンスのコストなどを考慮するとASPのほうが圧倒的に割安になるといったことも考えられます。

またプログラム言語ベースでの開発を行う必要性が低くなることもメリットです。

つづいては、実際にどんなASPが企業向けのECサイトで使われているのか、その一例を見ていきましょう。

New call-to-action

企業で使える代表的なASP

現在もASPは開発されており、新たなサービスがローンチしています。まずは企業で使える代表的なASPについて簡単にその特徴をかいつまんでいきながら説明していきます。

カラーミーショップ

数あるASPでもユーザーがもっとも多いのがGMOペパボが運営しているカラーミーショップです。約40000もの数の店舗が利用しています。

利用に関わる価格も幅広く用意されています。今までは低価格のサービスでは¥843でしたが、2021年に入って無料のコースが登場しました。高額ではなく、機能も豊富に用意されているので、個人の趣味のものを販売する規模でも導入しやすく、企業ニーズにも対応できる幅広いASPの代表格と言えるでしょう。

デザインのテンプレートは無料のものも有料のものもあり、割と豊富です。有料のテンプレートについてはサードパーティとしてテンプレートを販売している企業も存在します。ただし、それでも利用者は多いので、見る人が見るとすぐにカラーミーショップを使ったサイトとわかる場合も少なくありません。

ただし、CSSを駆使すればかなり自由度の高い見た目のサイトも構築できます。入り口は広く、奥行きのあるASPといえます。

商品の決済は、現在クレジットカード、代引きのほか、Amazon Payや楽天Payにも対応しています。

MAKESHOP

MAKESHOPの母体は、実はカラーミーショップと同じGMOグループです。月額利用料が¥3000からですが、真価を発揮するのは¥10000のプレミアムプランからです。豊富な機能と分厚いサポートが特徴といえます。

デザインもある程度カスタマイズが可能ですし、自由度の高いASPの一つです。ただし、作り込んでいこうとするとカラーミーショップよりも格段に難しくなります。

それでも、サポートセンターでは通常サポートを受けないようなCSSなど専門的なことについても相談することができ、対応が可能です。ここまでやるのはこの規模のASPとしては業界の中でも特徴的です。

MAKESHOPにもフリープランがありますが、これはカートの機能、つまり決済以外は使えません。そのため、その他のページについては自分で作っていく必要があります。もしすべてを自分でやろうと考えた場合は、ある程度サイトの構築についての知識が必要になります。

そのため、無料で利用出来ますが、このフリープランの利用は上級者向けです。サイトの構築はオープンソースやWordpressなどのCMSなど外部のサイト構築に関わる方法を用い、決済機能だけを利用したいといった場合に有効です。

決済はクレジットカードや代引きはもちろん、Amazon Pay、楽天Pay、Line Payの他、PayidyやPaypal、NP後払いにも対応し、BtoBでの利用も想定できます。また、利用者数の多いPaypayへも2020年11月末に対応しており、決済の幅を広げています。

Futureshop

2003年に開始されたASPの老舗です。FutureShopは幅広く受け入れる上記の2つのASPとは異なり、個人での活用では価格も含め手を余す、かなり企業向きのASPです。なんといっても自由度の高いデザインは「ほぼ制限が無い」というユーザーの意見もよく聞きます。

月額利用料は¥22000からですが、独自ドメインの取得についてのコストが無料でできたりと、本格的な企業のブランディングも兼ねたページの構築を意識しているASPです。そのためイメージで思いついたアイディアを実現しやすいASPです。

企業ニーズをしっかりと取り込んだ機能が用意されており、ある程度の規模のサイト作りを見据えているのであれば、完全に選択肢として視野に入ってくるASPといえます。

また、サポートにも定評があり、オプションも充実しています。そのデザインの自由度から、今まで別のASPを使っていたECサイトが、リニューアルの際にはFutureShopへ乗り換えするために選ばれるというパターンも少なくありません。

またセミナーなども頻繁におこなっており、そうしたフォローが厚い点も選ばれる理由の一つになっています。

対応できる決済はクレジットカード、Amazon Pay、キャリア決済、NP後払いに対応しています。楽天Pay、Apple Payにも対応しており、柔軟な決済体制を持つことが考慮できます。請求書払いなども設定が可能で、BtoBを考えている企業の利用も想定することができます。

またユーザーインターフェースの充実や安全面への配慮もされています。たとえばクレジットカードについても3Dセキュアなどの機能に対応してセキュリティ面を考慮していたり、分割なども利用できます。こうしたクレジットカード決済などの面でユーザーに対して優しいサイト作りを構築時に考慮できることは単純にプラス要素といっていいでしょう。

【参考】ECサイトはクレジットカードのリスク対策も必要

aishipR

スマホでのEC市場ニーズを意識したレスポンシブ対応を強化して提供しているASPです。またデータ収集などの機能も充実していて、どちらかというとシステムをしっかり作っていこうと考えている企業にとってはとても心強いASPといえます。

料金プランは小規模向きのプランでも¥9800からで、さらにオーダーごとの課金があるので、ある程度単価の高い商材を扱う場合に向いているかもしれません。

もうひとつの魅力は豊富な決済対応です。クレジットカードやAmazonPay、楽天Pay、PayPay、Yahooウォレット、Pay-easy、Paypalなどネットでよく見る決済はほぼ網羅。そのほか、楽天EdyやモバイルSuica、プリペイドカードでの決済も可能です。珍しいところでは中国での利用者が多いAlipay国際決済、セゾン・UCグループでおこなっている永久不滅ポイントでの決済も可能と非常に幅広い決済方法を利用することが可能です。

越境ECなどビジネスユースでのいろいろな利用想定を考えられているASPといえます。

【参考】国際的なECサイトづくりには準備が必要〜越境ECのメリット・デメリット

ShopifyはカートASPの黒船

海外では圧倒的な人気を誇るASPがカナダに本拠地を持つShopifyです。

価格形態はカラーミーショップと似ています。基本的に構築は簡単にでき、決済の審査などもASPの事業者が代理で実施してくれるので、簡単におわるため、足回りのいい点が最初の特徴です。最近、日本語への対応を強化してきています。

特徴としては基本はシンプルであり、そこが美的センスにつながっているところです。

以前は越境EC向けといわれていましたが、国内向けでも十分に利用できるASPです。

またプラグインも豊富です。そのため機能の追加をしたいと思えばプラグインを追加するだけで済むというケースもあります。プラグインは「こんな機能があれば!」という要望に割と柔軟に答えてくれます。

非常に多機能ですが、まだ問題もあります。商習慣は海外流なので、伝票関連の機能に対して多くのアジャストが必要だったり、機能追加のプラグインも有料のものが多いという問題があります。そのため、基本の料金は安く設定されていますが、プラグインのサブスクリプションによる価格で、結局月額が高くなるというケースも想定できます。またプラグインの多くはまだ日本語に対応していないものも多くあります。

それでも便利で高機能なプラグインの選択肢も豊富なのはメリットです。例えば定期購入などにもプラグインで導入することができます。他にも外部のマーケティング用のプラットフォームとの連携や他者のサービスとも連携しやすく拡張性を高くするのに一役買っています。しっかりと機能との費用対効果を選んでいくことで解決できる問題でもあります。

デザインの変更は可能ですがCSSに解釈を加えたLiquidという拡張子でやりとりすることになります。このLiquidが理解できればある程度は柔軟に作り替えなどが可能です。

また決済での柔軟さもあります。カラーミーショップとともに標準的な候補として押さえておきたいASPです。

入り組んだ構築を考慮している場合には対応できる専門家を選択するニーズが高くなります。

手軽に始めるなら無料ASPも

あくまで先に紹介したのは企業向けに拡張性やマーケティングを視野にいれて利用出来るASPです。現在ではもっと気軽に始められるASPもあります。

初期には企業であっても、こういった初心者でも一人で構築しやすいもっとハードルの低いASPでスタートする方法もあります。

その代表格のひとつがBASEです。とにかく簡単に始めることができ、無料です。またistagramと連動できプロモーションに活用できるので「個人でちょっとはじめよう」という人には最適です。

ただし、売上げが伸びてくると、販売の手数料が伸しかかってきます。販売の手数料は決済手数料とは別に3%発生します。また、デザインの自由度などは求められません。決済には「BASEかんたん決済」というシステムがあり、クレジットカード、携帯電話料金で決済するキャリア決済、Paypal、Pay-easyなどが利用出来ますが、代引きには対応していません。有料のコースでは独自のドメインを利用できるプランもあります。

もう一つ無料というと名前が上がるのがSTORES.jpです。こちらは無料と有料のプランがありますが、かなりの機能が無料のプランでも選択できます。無料プランが決済手数料5%に対し、月額¥1980のスタンダードプランでは3.6%となるため、ある程度の受注が見込める場合はやはり有料のプランを検討することになります。STORES自体はデザインのテンプレートが48と絞られており、やはり、先行きの拡張性を考えると、他のASPと是々非々で検討する必要があります。

【参考】ECサイトをBASEなどで簡単に作成するメリットとデメリット

StoresでECサイト構築のメリットやBASEとの比較

決済方法や手数料はよく見て、スマホ対応は必須

今回、ご紹介したASP以外で選択する場合も含めて、決済方法とその手数料、そしてスマホにどの程度対応しているのかという2点が特に重要です。

今はいろんな種類の決済方法があり、ユーザーごとにメインで使用している決済方法が違います。扱う商品のニーズがある層と決済方法のマッチングは十分に考慮してASPを選択する必要があります。ここはASPごとに決められている決済方法を飛び越えて行なうことが、最も困難と考えてください。また、手数料についても慎重に確認してください。粗利のよくない商品などを扱う場合は特に要注意です。

【参考】ECサイトの決済手数料は決済代行会社の重要な選択基準

ECサイトは決済代行会社を利用して決済方法を増やす

また、今回紹介しているASPは対応しているのであまり問題にはなりませんが、スマホでのオンライン購入は今では多くのBtoCでのEC市場での取引を占めています。多くはPCで構築するので担当者は忘れがちですが、必ずサイトの表示や動作などは確認してください。PCではいくら見栄えが良くても、スマホではデザインが狂っていてよくわからない、字が読めないなどでは、そのまま別のサイトへ移動してしまう可能性が高くなります。ASPの中にはスマホ対応を別々でおこなわなければいけないというような事例もあるので要注意です。

また、ASPを選ぶときは、その後の運営を意識することも重要です。下にご紹介する記事はECサイトを作る時、どう運営を意識するかの基本姿勢を説明しています。ASPや決済についてもふれていますので、ぜひお読みください。

【参考】ECサイトの作り方は運営も意識しよう

また、ECサイトのその他の構築方法なども全般的に解説している記事もありますのでこちらも参考にしてください。

【参考】ECサイトの構築の基本とは〜売れるサイト作りの方法を解説

New call-to-action

自由度を求めるならクラウドECも視野に

ECサイトをしっかりと続けていくと「もっと、こうしたい」という希望が必ずでてきます。そうなると少しづつサイトの改修やASPの変更などが頭をよぎるようになってきます。

知識がつけばWordpressやEC Cubeを使い、ライセンスフリーの自由度の高いサイト構築をデザイナーや、さらには本格的にWEB制作会社なども巻き込んで費用をかけて実行しようということもあるかもしれません。またクラウドECの利用も視野に入ってきます。

クラウドECとは、ASPが用意したプログラムのパッケージをある程度自由に使えるサービスです。いうなれば自由度が高く、機能の追加もしやすいASPと言えるかもしれません。

またASPのなかでも、クラウドECと遜色のないものになりつつあるASPも出てきました。先ほど、ご紹介したASPのなかにもかなりクラウドECに近づいているASPもあります。また、今回、紹介するクラウドECはASPとして紹介することも考えました。それだけASPはECに特化しているということでもあり、ASPとクラウドECは近づいていて境目を決めるのは難しい状況になってきています。

ここではあえて導入時の予算や規模感も含めて考慮し、ASPの想定より大きなものをクラウドECとして紹介します。

より独自性があり、マーケティングに強い、客単価をあげる仕組みを構築したいなどの要望があり、費用対効果も計算できるのであればクラウドECの導入を検討する余地もあります。そうすることで、例えば大手企業に負けないウエブマーケティングが可能です。

またライセンスフリー型やフルスクラッチ型と比較しても、メンテナンスのコストを抑えることができ、最新のウェブサービスなどとも連携が計りやすいのも特徴です。

ebisumart

頻繁にアップデートを繰り返し、非常に拡張性が高く、カスタマイズもしやすいクラウドECです。ASPとしての機能を十分に保持しながら、すでに持っている顧客情報などのデータベースとの連携や実店舗のPOSとも連携できるなど高い自由度があります。1年間に190回以上のアップデートを行なっており、サービスが新鮮に保たれています。

ecbeing

こちらはもともとはECサイト向けのパッケージ販売からスタートしています。パッケージで培ったノウハウをクラウドにも活かし「メルカート」というサービスで展開しています。ECパッケージとしても事業を継続しています。パッケージはBtoC、BtoBや業種別にわけて網羅されています。

クラウドECについては以下の記事でも詳しく紹介しています。

【参考】注目のECサイト構築方法、クラウドECはASPとパッケージのいいとこ取り?!

SaaS型のECサイトとは?〜クラウドECを初心者向けに解説

New call-to-action

何を選んでも運用の継続が成功の肝

ASPはイメージや規模、予算感など様々な要因で選択するということは十分ご理解頂けたかと思います。しかし、結局は継続して運用して、集客を続けることが重要です。

商品やサービス、企業のイメージ戦略はしっかりと組み立てる

継続運営を念頭においてASPを選択するうえで、重要なのは、販売するものと企業のイメージをユーザーに植え付け、届けられるかということです。つまり「売れる」かどうか注文を集められ、管理できるかどうかにつきます。

もちろん無料のASPの手作り感やざっくりした感じで十分だという場合もあるでしょう。しかし、概して無料や安価のASPは集客に対する施策を打つのが難しく、結果的に収益性ではおとり、商品をインターネットの広い世界の流れに乗せて売上を確保していくことは困難です。

またデザインなどクリエイティブな部分での制限は、出入り口を狭くします。逆にいえば、しっかりと取組むことができれば大企業にも遜色のないマーケティングが展開でき、ユーザーの目により魅力的に映るようにもできます。そうした効果は、十分に基本にあるランニングコストを上回ることも可能です。

ECサイトは手をかけてこそ実る

ECサイトは初めてからその先へ広げられるかが勝負です。継続して手をかければ少しづつでも必ず結果が出てきます。その上でASP選びは「継続していけるか」を考えて慎重に選びましょう。

New call-to-action

低価格で始められるオススメASP比較

今回の記事でご紹介している価格帯が企業向けということで少し高めのものが中心です。

そのため、これからECサイトを事業としてやろうという方にはハードルが少し高めのラインナップになっています。

その中でもカラーミーショップは割と誰でも始められるニーズの価格帯にいます。また、無料のASPも現在では使えるものが増えてきました。そうした方に向けてということであれば、弊社ではもう一つオススメしたいASPがあります。それが「Shopify」です。

Shopifyは段階的にスケールアップもしやすいので長く活用できるASPです。内容の概要としましては今回はBASE、そしてカラーミーショップとの比較検討を資料内でおこなっています。

今回、近い価格帯のASPを集めて検討できるように資料を作成いたしました。フォーマットは誰でも閲覧できるようGoogleスライドにしてあります。メールアドレスをご登録いただければ無料で誰でも入手できます。この機会にぜひお読みください。



PAGETOP
ご提案依頼・お見積り依頼・ご相談等 お気軽にお問い合わせください!
052-265-9742

(名古屋本社)営業時間:平日 9:30〜18:30

お見積/ご提案依頼・ご相談
  • ブランディング
  • ECサイト構築
  • ECサイト運営/運用
  • ホームページ作成
  • カタログ/映像制作
  • マーケティング